米国株紹介

SES・AI・コープ(ティッカー:SES)

電気自動車などに使用される高性能なハイブリッド型リチウム金属二次電池の開発・初期生産において、世界をリードしています。
米国株紹介

TPGパートナーズ(ティッカー:TPG)

2021年9月30日現在、約1,090億ドルの運用資産を有する世界有数のオルタナティブ資産運用会社です。TPGは魅力的なリスク調整後リターンを提供し、オルタナティブ資産運用業界と世界経済の双方において最も急成長している分野に焦点を当てた投資事業を行ってきました。
米国株紹介

エーアールセルエックス(ティッカー:ACLX)

エーアールセルエックス(Arcellx)はがんやその他の難病の患者さんのための革新的な免疫療法の開発を通じて、細胞療法を再創造する臨床ステージのバイオテクノロジー企業です。細胞治療が医学の前進の柱の一つであると考えており、より安全で、より効果的で、より広く利用できる細胞治療法を開発することによって、人類を進歩させることを使命としています。
米国株紹介

クレド・テクノロジー(ティッカー:CRDO)

クレドは、データインフラ市場においてデータレートとそれに対応する帯域幅の要件が指数関数的に増加する中、電力とコスト効率の改善を実現する安全な高速接続ソリューションを提供する企業です。
米国株紹介

エンサイス・バイオサイエンシズ(ティッカー:ENSC)

エンサイス・バイオサイエンシズ(Ensysce Biosciences、以下エンサイス)はオピオイドの乱用や過剰摂取を防止することを目指して開発を進める製薬企業です。エンサイスは2021年7月1日にLeisure Acquisition Corpと合併することでSPAC上場を果たしました。その後、株価は大きく下落していましたが、直近1ヶ月では株価は上昇する気配を見せています。
米国株紹介

イントラセルラー・セラピーズ(ティッカー:ITCI)

イントラセルラー・セラピーズ(Intra-Cellular Therapies、以下イントラセルラー)はナスダックに上場している製薬企業です。精神疾患分野に注力していることが特徴です。小型の製薬企業ということで株価の動きには粗さが目立ちますが、2019年末からは株価は一貫して上昇していることがわかります。2021年だけでも70%近く上昇しています。
米国株紹介

ミラティ・セラピューティックス(ティッカー:MRTX)

ミラティ・セラピューティックス(Mirati Therapeutics、以下ミラティ)はナスダックに上場している製薬企業です。がんの治療薬開発に取り組んでいるのが特徴です。まだ市場に投入されている製品はないものの、開発している製品に対する期待値が高く、上場以来株価は15倍以上に膨れ上がっています。
米国株紹介

ガレラ・セラピューティクス(ティッカー:GRTX)

ガレラ・セラピューティクス(Galera Therapeutics、以下ガレラ)はナスダックに上場している製薬企業です。主に放射線治療による副作用を軽減する薬を開発しています。特に現在のメインターゲットとなっているのは頭頸部がんです。直近暴落する場面もありましたが、最近では少しずつ株価も戻してきています。
米国株紹介

ギンコ・バイオワークス(ティッカー:DNA)

今回は合成生物学企業第3弾ということで、ギンコ・バイオワークス(以下、ギンコ)について取り上げたいと思います。以前記事にした、アミリスとザイマージェンの記事も参考になると思いますので、そちらもぜひご一読ください。
米国株紹介

アクエスティブ・セラピューティクス(ティッカー:AQST)

今回はアクエスティブという製薬企業について紹介したいと思います。この企業ですが、普通の製薬企業と違う点があります。それは、ドラッグデリバリーシステム(DDS)に主眼をおいて開発を進めているという点です。ドラッグデリバリーシステムという言葉は聞き馴染みがあまりないかもしれませんが、薬の効果を最大限発揮するために、体の必要な場所に必要なタイミングで送り届けるシステムのことです。
タルボットをフォローする
タイトルとURLをコピーしました