アドビ(ティッカー:ADBE)

米国株紹介
スポンサーリンク

アドビ(Adobe)はどんな会社なのか解説します!

アドビ(Adobe)とはどんな会社なのか?

アドビ(Adobe)は、Photoshop、Illustrator、Lightroomなどのクラウドベースの製品を販売しています。同社のさまざまなクリエイティブソフトウェアは、多くのユーザーにとってかけがえのないものとなっています。ソフトウェアは個人や企業、学校向けにサブスクリプションで販売されています。アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼを拠点とするこの会社は、CreativeCloudDocument CloudおよびExperience Cloudの3つにカテゴリー収益の流れを分類しています。アドビ(Adobe)のFY2019の収益は24%増加し、111億7,000万ドルでした。これは、22%~25%の収益成長であり、4年連続の増加となります。さらに最近では、アドビ(Adobe)は2020年第1四半期3月の収益見積もりを上回り、19%増の30億9,000万ドルという過去最高の売上高を記録しました。

独創的なソフトウェア群による圧倒的シェアの確立

アドビ(Adobe)はクリエイティブソフトウェアの領域において強大な地位を築いています。同社の販売しているPhotoshop、Illustrator、InDesignといった製品は、そのほとんどすべてがクリエイティブ関連のプロが使用するソフトウェアです。これらの製品はそれ単体であってもキラーアプリになりますが、同社はこれらすべての製品をパッケージにまとめ、比較的手頃な月額料金で提供しています。競合他社がアドビ(Adobe)と同等の品質レベルで競争可能な価格で提供することは非常に困難です。こういった価格での優位性や高い品質によって90%を超える顧客維持率を実現しています。

アドビ(Adobe)の今後は?

やはり、サブスクリプションのサービスをもつ会社は強いですね。根強いファンがいる限りはこの会社の成長は止まらないでしょうね。今後も注目してみていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました