エーアールセルエックス(ティッカー:ACLX)

米国株紹介
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

エーアールセルエックス(Arcellx)について解説します!

*本記事の内容の正確性は保証できません。また投資される際には自己責任でお願いします。

エーアールセルエックス(Arcellx)は2022年2月にナスダック上場

エーアールセルエックス(Arcellx)は2022年2月にナスダック上場を果たしています。

出典:Google

エーアールセルエックス(Arcellx)のビジネス

ビジネスの概要

エーアールセルエックス(Arcellx)はがんやその他の難病の患者さんのための革新的な免疫療法の開発を通じて、細胞療法を再創造する臨床ステージのバイオテクノロジー企業です。細胞治療が医学の前進の柱の一つであると考えており、より安全で、より効果的で、より広く利用できる細胞治療法を開発することによって、人類を進歩させることを使命としています。

細胞療法はこれまでにも有効であることが示されてきましたが、細胞療法は歴史的に既存の生物学的構造に制約されていたため、その影響と機会は限られていました。私たちの新しい合成結合足場であるD-Domainは、従来のキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)の限界を克服するために設計されたものです。既存の細胞療法は、そのほとんどが生物学的な一本鎖可変フラグメント(scFv)結合ドメインを使用しており、限られた患者さんにしか効果がなく、しばしば高い毒性をもたらし、治療可能な適応症が限られている傾向にあります。ddCARと呼ばれる古典的な単回注入CAR-TやARC-SparXと呼ばれる投与・制御可能なユニバーサルCAR-Tなど、Dドメインを搭載した新しいクラスの自己および同種CAR-Tを開発することにより、これらの限界を克服し、血液がん、固形がん、自己免疫疾患などのがん領域以外の適応症に対処できると考えています。

パイプライン

出典:Arcellx HP

エーアールセルエックス(Arcellx)に投資するリスク

  • 創業以来、限られた事業歴しか持たず、多額の損失を計上しており、今後も当面の間、損失を計上することが予想されるため、将来の事業継続の可能性を評価することが困難な状況にあります。
  • 公募増資が成功した場合でも、多額の追加資金を必要とします。必要な時に、または許容できる条件で資金を調達できない場合、研究開発プログラム、将来の商業化努力または従業員数の一つまたは複数を延期、削減及び/または廃止せざるを得なくなる可能性があります。
  • 現在、いかなる製品の販売からも収益を得ておらず、今後も収益を上げることができない可能性があります。当社の製品候補は開発の初期段階にあります。当社は最近、最初の製品候補をヒトでテストするための臨床試験を開始したばかりです。
  • ddCARおよびARC-SparXプラットフォームは、治療に対する新規かつ未証明のアプローチであり、製品候補開発の時期、結果、コストおよび規制当局の承認取得の可能性を予測することが困難であります。また、適切な標的結合ドメインを特定することが困難であり、より収益性の高い、または成功の可能性が高い製品候補や適応症に資本参加できない可能性があります。
  • ARC-SparXプラットフォームは、ACLX-001の成功に大きく依存しています。

エーアールセルエックス(Arcellx)の将来性

(編集中)

出典

この記事が気に入ったらフォローしよう!
最新情報をお届けします。
米国株紹介
スポンサーリンク
タルボットをフォローする
米国株投資情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました