米国株紹介

米国株紹介

プレイティカ(ティッカー:PLTK)

こうしてプレイティカが収益の高いゲームを量産できる背景には、「ユーザーが何十年も対話できるプラットフォームとしてゲームを運用する」という哲学が大きく影響していると考えられます。ユーザーが飽きたら衰退していくという通常のゲームを開発する気はないということですね。これを裏付けるように、2020年9月30日までの12か月間の収益の約半分が2016年以前にプレイティカのゲームをダウンロードまたは最初にプレイしたユーザーからのものであり、ユーザーの定着率の高さが伺えます。
米国株紹介

インシーゴ(ティッカー:INSG)

インシーゴが提供するのは5G通信用のハードウェアデバイスやソフトウェア、およびそのサポートサービスです。大企業から中小企業までこれらのサービスを提供することで毎月課金してもらうというビジネスモデルですね。一度導入してしまえば継続的に売上の発生するサブスクリプションモデルですね。
米国株紹介

クーパン(ティッカー:CPNG)

さて今回ですが、韓国のアマゾンと呼ばれるeコマース企業クーパンを紹介したいと思います。韓国では有名なのだそうですが、私は今回調べるまでは全然知りませんでした(笑) 2018年にソフトバンクのビジョンファンドから20億ドルを調達しているということですので、知っている方も、もしかしたらいるかも知れませんね。
米国株紹介

サナ・バイオテクノロジー (ティッカー:SANA)

今回はサナ・バイオテクノロジーを紹介したいと思います。私はこの企業知らなかったのですが、Twitterでいつも仲良くさせていただいているケイさんやタケさんのツイートでこの企業を知りました。
米国株紹介

カリクスト(ティッカー:CLXT)

ゲノム編集といえば、2020年にノーベル賞をとったことで一躍有名になりましたが、この技術が影響のを与えるのは医療分野に留まりません。農業の分野でも、例えば作物の栄養価を高くしたり、生産量を増やしたりすることができます。こうして改良された作物は今後市場に大量に出回るようになるのは想像がしやすい将来です。
米国株紹介

アノビアス・バイオ(ティッカー:ANVS)

さて、今回紹介するのはアルツハイマー病(AD)やパーキンソン病(PD)といった治療薬の開発を目指すアノビアスという企業になります。最近株価が徐々に上がってきているということでも気になっていますが、アルツハイマー病治療薬という現時点でほぼ最高難易度といっていい治療薬の開発に絞って挑戦しているというところにも少し魅力を感じました(笑)
米国株紹介

オルガノジェネシス(ティッカー:ORGO)

今回取り上げるのはオルガノジェネシスという企業になります。同社はマサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された技術を基にスピンオフという形で1985年に設立されました。もともとは創傷治療の領域で事業展開していたようですが、親和性の高さもあってスポーツ医学の分野にも進出したということです
ETF紹介

ARKGの組み入れ上位銘柄について解説します

要望の多かったARK Genomic Revolution ETF(ARKG)の組み入れ銘柄上位10銘柄の概要について解説していきたいと思います。どうやら、ARKGに投資してみたいけどゲノム関連の企業が何をやっているのかさっぱり分からないという方が多いみたいですね。
米国株紹介

リジェネックスバイオ(ティッカー:RGNX)

メリーランド州に本社を構える同社は、「遺伝子治療を通じて人々の生活を向上させる」をスローガンに掲げており、いかに遺伝子治療に力を入れているかが分かります。おそらくあまり知っている方はいないのではないでしょうか?
米国株紹介

ベターウェア(ティッカー:BWMX)

今回はメキシコの企業で初めてナスダック上場を果たしたベターウェアを取り上げました。上場以来、株価は4倍以上に膨れ上がっており、期待されていることが覗えます。
タイトルとURLをコピーしました