クレド・テクノロジー(ティッカー:CRDO)

米国株紹介
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

クレド・テクノロジー(Credo Technology)について解説します!

*本記事の内容の正確性は保証できません。また投資される際には自己責任でお願いします。

クレド・テクノロジー(Credo Technology)は2022年1月にナスダック上場

クレド・テクノロジー(Credo Technology)は2022年1月にナスダック上場を果たしています。

出典:Google

クレド・テクノロジー(Credo Technology)のビジネス

ビジネスの概要

クレドは、データインフラ市場においてデータレートとそれに対応する帯域幅の要件が指数関数的に増加する中、電力とコスト効率の改善を実現する安全な高速接続ソリューションを提供する企業です。

システムの帯域幅のボトルネックを緩和すると同時に、電力、セキュリティ、信頼性を向上させます。クレドの接続ソリューションは、100G(またはGigabits per second)、200G、400G、800Gの新興ポート市場を含む光および電気イーサネットアプリケーション用に最適化されています。製品は、独自のシリアライザ/デシリアライザ(SerDes)およびデジタルシグナルプロセッサ(DSP)技術をベースにしています。製品群には、集積回路(IC)、アクティブ・エレクトリカルケーブル(AEC)、SerDesチップレットがあります。

業界の概要

データ生成量とネットワークトラフィックの爆発的増加

クラウドのワークロードはすでに膨大になり、拡大しています。ストリーミングビデオの普及、5Gワイヤレスの展開、モノのインターネット(IoT)の拡大、人工知能の採用拡大などが、既存のデータインフラに負荷を与え、トランジスタからシステムレベルへのパラダイムシフトを促すデータの爆発を生み出しています。International Data Corporation(IDC)によると、世界で作成、取得、コピー、消費されるデータの量は、2020年の64ゼッタバイト(ZB)1 から2025年には179ZB以上へと約2.8倍に増加すると予測されており、CAGR23%で推移すると予測されます。このようなデータの急増とそれに伴うネットワーク上のデータトラフィックの増大は、帯域幅の障害やボトルネックにつながり、より高速な接続を可能にする一方で、電力制限やセキュリティ要件に対応できるソリューションが必要とされています。

デジタル・インフラストラクチャの隅々からの要求

データトラフィックの増加には、データ帯域幅の拡大が必要です。データインフラストラクチャのエコシステム全体で、より高性能な接続ソリューションが求められています。この需要は、データインフラの中核に位置するハイパースケーラーが牽引し、ネットワークエッジでの増加分を集約し、5G通信事業者の需要がそれに続くと見ています。さらに、業界が発展し帯域幅の要件が増えるにつれて、同じ力学がより広く適用され、企業、HPC、消費者向けアプリケーションでの採用が増加すると予想されます。

DDCへのシフトの増加

ハイパースケーラや5Gネットワーク事業者は、高速化に伴い、ネットワークトポロジーアーキテクチャーを急速に進化させています。これらのクライアントは、スイッチングとルーティングに使用される従来の独自のシャーシを構成要素に分離し、より効率的に拡張できる分散型シャーシ(DDC)を求める傾向がますます強まっています。DDCへの移行により、標準ベースのハードウェアの使用、ソフトウェアの選択、ベンダロックインを回避することが可能になります。しかし、レガシー接続のオプションは、この進化に対応するには不向きです。

クレド・テクノロジー(Credo Technology)の財務状況

2020年度

売上:5,380万ドル
純利益:130 万ドル

2021年度

売上:5,870万ドル
純損失:2750 万ドル

クレド・テクノロジー(Credo Technology)に投資するリスク

  • 純損失が発生し、累積赤字が発生しました。将来、純損失が発生する可能性があります。
  • 当社の収益および経営成績は、期間ごとに変動する可能性があり、その結果、当社の普通株式の取引価格が変動する可能性があります。
  • 当社は、収益の大部分を限られた数の顧客に依存しており、1つ以上の主要な顧客の損失または大幅な売上の減少は、当社の収益および経営成績に悪影響を与える可能性があります。

クレド・テクノロジー(Credo Technology)の将来性

(編集中)

出典

この記事が気に入ったらフォローしよう!
最新情報をお届けします。
米国株紹介
スポンサーリンク
タルボットをフォローする
米国株投資情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました