クラウドストライク(ティッカー:CRWD)

米国株紹介
スポンサーリンク

クラウドストライク(CrowdStrike)について解説します!

クラウドストライク(CrowdStrike)とはどんな会社なのか?

クラウドストライク(CrowdStrike)はアメリカ合衆国カリフォルニア州サニーベールに本社を構えるサイバーセキュリティテクノロジー企業です。子会社を通じて、SaaSサブスクリプションベースでサービスを提供しています。ファルコン(Falcon)・プラットフォームを介してクラウドベースのサイバーセキュリティサービスを展開しています。

クラウドストライク(CrowdStrike)の強み:クラウドベースのサイバーセキュリティ

クラウドストライク(CrowdStrike)の成長を支えているのは人工知能(AI)に基づくクラウドベースの脅威検出を使用したコンピューターやモバイルデバイスをどこからでも保護できるというソフトウェアによるものです。

新型コロナウイルス(COVID-19)にって在宅勤務へのシフトが進んでいることも同社にとって強い追い風となっています。クラウドベースのセキュリティ対策はリモートで行われる作業と相性が非常に良いからです。これによって需要は増加していますし、今在宅勤務を行っている人のいくらかはこのままずっと在宅勤務を行っていく公算も大きいため、同社にとっては安定した利益の確保ができると予想されています。

クラウドストライク(CrowdStrike)の今後は?

まだ日本での導入はそこまで多く行われていないようですが、日本でも在宅勤務やリモートでの作業に関しては需要が大きくなってきているの事実ですので、導入が増えていくのも時間の問題と思われます。サイバーセキュリティに関しては常に新しい脅威に対して備えていかなければならず、どの企業でも導入が行われるものなので、需要が非常に安定している分野といえるでしょう。クラウドストライク(CrowdStrike)はサブスクリプションによるサービスを展開しているとのことですので、収益も安定して得られることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました