ガレラ・セラピューティクス(ティッカー:GRTX)

米国株紹介
スポンサーリンク

ガレラ・セラピューティクス(Galera Therapeutics) について解説します!

*本記事の内容の正確性は保証できません。また投資される際には自己責任でお願いします。

ガレラ・セラピューティクス(Galera Therapeutics)は放射線療法による副作用を軽減する薬を開発

ガレラ・セラピューティクス(Galera Therapeutics、以下ガレラ)はナスダックに上場している製薬企業です。主に放射線治療による副作用を軽減する薬を開発しています。特に現在のメインターゲットとなっているのは頭頸部がんです。直近暴落する場面もありましたが、最近では少しずつ株価も戻してきています。

出典:Google

米国では毎年、約65,000人の患者が頭頸部がんと診断されています。そして、頭頸部がんと診断された患者の約65%が放射線療法で治療されています。しかし、放射線療法は重度の口腔粘膜炎(SOM)を引き起こすことが知られています。放射線による治療はがん細胞にもダメージを与えることができますが、正常な細胞のDNAにもダメージを与えてしまうので、その結果として起きてくる副作用ですね。

こうした副作用を軽減すると期待されているのがガレラの開発しているアバソパセムという薬になります。もし、この薬が承認されれば、この65,000人に対して基本的に処方されるようになるとガレラは見込んでいます。

ガレラ・セラピューティクス(Galera Therapeutics)のパイプライン

出典:ガレラ投資家向け説明資料
出典:ガレラ投資家向け説明資料

ガレラは承認を得た製品のないものの、すでに臨床試験でフェーズ3まで進んでいるものがあるのは大きいです。頭頸部がんだけではなく、非小細胞肺がんや膵臓がんでも開発を進めており、期待もできるのではないでしょうか。

ガレラ・セラピューティクス(Galera Therapeutics)の財務状況

年間

出典:Google

四半期

出典:Google

ガレラ・セラピューティクス(Galera Therapeutics)に投資するリスク

  • 限られた営業履歴を持つ臨床段階のバイオ医薬品企業であり、製品販売からの収益はありません。当社は創業以来、重大な営業損失を被っており、当面の間、継続的な損失が発生すると予想しています。
  • 主要製品候補であるGC4419の成功に大きく依存しており、GC4419が臨床開発を正常に完了しなかったり、規制当局の承認を受けなかったり、商業化に成功しなかった場合、事業に損害を与える可能性があります。
  • 規制当局の承認プロセスは、時間と費用がかかり、不確実であり、該当する規制要件の下で、製品候補の規制当局の承認を取得できない場合があります。臨床的保留の存在の結果を含む、そのような承認の拒否または遅延は、製品候補の商品化を遅らせ、収益、事業および経営成績を生み出す能力に悪影響を与える可能性があります。
  • 独自の販売、マーケティングおよび流通能力を確立することができない、または遅れを経験する場合、またはGC4419または将来の製品候補を販売および販売するために第三者と契約を結ぶ場合、当社の製品候補の商品化に成功しない可能性があります。承認された場合でも、収益を上げることができない場合があります。
  • 独自の製造能力がなく、必要に応じて追加の臨床用品、およびGC4419やその他の製品候補の商用用品を製造するためにサードパーティに依存します。この第三者への依存は、当社の製品候補の十分な量またはそのような量を許容可能なコストで入手できないリスクを高め、当社の開発または商業化の取り組みを遅らせ、妨げ、または損なう可能性があります。
  • 製品候補の対象患者集団の発生率と有病率は、正確に確立されていません。当社の製品候補の市場機会が当社の見積りよりも小さい場合、または当社が取得する承認が患者集団のより狭い定義に基づいている場合、当社の収益および収益性を達成する能力に重大な悪影響を及ぼす可能性があります。

ガレラ・セラピューティクス(Galera Therapeutics)の将来性

さて、いかがだったでしょうか?ガレラは2021年10月にフェーズ3試験が失敗したと報告しており、これによって株価は70%下落しました。しかし、その後12月に医薬品開発業務受託機関(CRO)が試験結果を台無しにしたとして、成功したと修正しています。これにより12月は100%以上株価が上昇しており、かなり乱高下が激しいです。非常にリスクの高い投資対象ではあるとは思いますが、今後新たな情報が出るまではズルズル上がっていく可能性はあるかなと思っているので、少額で遊ぶのには面白いかなと思います。

ではでは、また次回の記事で♪

↓↓↓もしよければTwitterのフォローもお願いします↓↓↓

この記事が気に入ったらフォローしよう!
最新情報をお届けします。
米国株紹介
スポンサーリンク
タルボットをフォローする
米国株投資情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました