グッドアールエックス(ティッカー:GDRX)

米国株紹介
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

グッドアールエックス(GoodRx)について解説します!

① 2020年9月23日にナスダックに上場、株価上昇中

② 米国の薬価の格差を是正するためのプラットフォームを提供している

③ 実は遠隔診療のサービスも提供中、相乗効果を狙う

↓↓↓Twitterのフォローお願いします↓↓↓

グッドアールエックス(GoodRx)は2020年9月に上場、株価上昇中

みなさんはグッドアールエックスという企業についてご存知でしょうか?私は全然知りませんでした(笑)
注目のIPOであったこともあって、多くの人がなかなか価格が決まらないことにやきもきしたのではないでしょうか?そんなグッドアールエックスについて調べたので、すこしでもお役に立てたら幸いです。

出典:Google

グッドアールエックスは薬価の比較を行えるプラットフォームを提供することで収益をあげている企業ですが、2020年9月23日にナスダック上場を果たしました。上場初日は50.50ドルの株価をつけて終えました。

グッドアールエックス(GoodRx)のビジネス

米国では薬価に大きな格差が生じている

日本では処方箋を持っていく薬局によって払うお金が多少変わるということはありますが、そこまで大きな違いにはなりません。しかし、米国では同じ薬であったとしてもその値段が100倍以上違うこともあり、医師によって処方された薬を購入するときの大きな障壁になっていることが問題視されています(出典:Centers for Disease Control and Preventionおよび2019 IQVIA Instituteのレポート)。

処方箋のうち20~30%が薬局のカウンターに残されているとされ、これは多くの消費者が服薬を行いたいにもかかわらず、薬価が高いことであきらめてしまっているという現状を如実に表しています。

グッドアールエックスはこうした薬価の格差を是正するために薬価を比較できるプラットフォームを立ち上げたということで、背景は非常にわかりやすいですね。

市場規模は8,000億ドル

出典:Company S-1 Filing

グッドアールエックスによると、アクセス可能な市場は約8,000億ドルにおよぶと想定されています。ここにはメインの処方箋を基軸としたビジネスで5,240億ドル、製薬企業向けのソリューションで300億ドル、遠隔診療で2,500億ドルという内訳になっているようです(遠隔診療については後述)。

メインのビジネスは薬価の格差を是正するプラットフォームの提供

米国における医薬品の価格の格差は非常に複雑な医療システムによって生み出されていますが、グッドアールエックスは医薬品の価格を比較するプラットフォームを提供することでこの格差を是正し、多くの患者さんが適正なコストで医療にアクセスできる環境を生み出すことを目指しています。

出典:Company S-1 Filing

使い方は非常にシンプルで、アプリで処方箋をもとに価格を比較し、選択した薬局に持っていって薬を購入するだけです。グッドアールエックスは薬局から紹介料として収益を獲得します。また、患者さんが再度同じ薬をその薬局に購入しに行くときには収益を得られる仕組みになっています(実際には新しい薬の購入でも同じ薬局に行けば収益になる)。このようにリピートによる収益は大きく、全体の80%を占めています。

このほかにも2017年からサブスクリプションサービスを提供しており、安定した収入源の確保につながっています。現在、「GoodRx Gold」と「Kroger Rx Savings Club powered by GoodRx」という2つの商品を展開しており、後者は全米で4番目の規模をもつ薬局であるKrogerと提携してサービスを提供しています。サブスクリプションではリフィルリマインダー(今ある薬が無くなって補充するときに教えてくれる)や価格アラートなどのサービスを提供しているようです。

実は遠隔診療サービスも提供

出典:Company S-1 Filing

グッドアールエックスは医薬品の価格比較で有名ですが、実は遠隔医療サービスも提供しています。HeyDoctorという企業を買収しており、2019年に遠隔診療サービスを開始しています。メッセージを送ったり、ビデオチャットを行うなど一通りの機能はあるようですね。電子処方箋の機能もあるようなので、メインビジネスとの親和性が高そうです。グッドアールエックスの描いているストーリーとしては、遠隔診療によってより多くの潜在的な患者さんを掘り起こし、処方箋の量を増やすことを考えているようですね。現在(2020年第2四半期)は1日1000人程度がHeyDoctorを使用しているとのことですので今後に期待ですね!

グッドアールエックス(GoodRx)の将来性は?

グッドアールエックスのメインビジネスは医薬品価格を比較するプラットフォームによるものですが、遠隔医療も提供し始めたとのことですので、どの程度親和性をもってビジネスを拡大していくのか注目していきたいところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました