イルミナ(ティッカー:ILMN)

米国株紹介
スポンサーリンク

イルミナ(Illumina)について解説します!

イルミナはどんな会社か?

イルミナは、遺伝子変異や遺伝子機能の大規模解析のためのライフサイエンスツールや統合システムの開発、製造、販売を手がけるリーディングカンパニーです。要するに、遺伝子を解析することを得意とした企業と言うことですね。遺伝子の解析が業務なので、取引先はアカデミア(学術機関)、政府機関、製薬会社、バイオ企業がメインとなっています。

ヒトの設計図と言われるDNAには、体を作るためのありとあらゆる情報が書き込まれています。このDNAを解析することで、病気の原因を探ったり、新しい治療薬を開発することができるため、ヒトのDNAに記された内容を全て解読してしまおうという、いわゆる「ヒトゲノム計画」が行われました。しかし、1990年代は解析技術がまだまだ未成熟で、13年という期間と約30億ドル(約3000億円)の費用が費やされました。

DNAの解析が現在どうなっているかというと、なんと期間は数日、費用は約1000ドル程度でできるようになっています。これを可能にしたのが次世代シーケンサー(NGS:Next Generation Sequencing)であり、その先頭走っているのがイルミナなのです。これまでに解析されたヒトゲノムの約95%がイルミナによるものとされています。

イルミナ投資家向け資料より

こちらは2020年第1Qのイルミナの収支ですが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けてもプラスですので、非常に安定していると言えるでしょう。

日本で遺伝子検査はできるのか?

もしかしたら、自身の遺伝子検査を行ってみたいという方がいらっしゃるかもしれません。日本でもジーンクエスト(Genequest)という会社が個人向けに遺伝子検査を行う事業をおこなっています。3万円程度で太りやすさなどの体質や、がん・糖尿病などの病気発症リスクに関する遺伝子情報、病気の予防のためにできることをチェックできるので、一度調べてみるのも面白いかもしれません。ちなみに、ジーンクエストで実施しているDNA検査はイルミナ社が提供しているキットを使用しています。

イルミナの将来性は?

遺伝子を使った産業というのはこれから間違いなく発展していくでしょう。この分野は得られた遺伝情報を使ってどのようなビジネスを展開していくのか、また究極の個人情報とも言える遺伝情報をどのように扱うのかということによって成否がわかれる分野となります。イルミナの今後の成長は遺伝情報を使って破壊的なイノベーションを起こす企業が現れることが一つの鍵となるのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました