LMPオートモーティブ(ティッカー:LMPX)

米国株紹介
スポンサーリンク

LMPオートモーティブ(LMP Automotive)について解説します!

① 株価は3月に底を付けたが、そこから株価は10倍以上に!

② 同業他社と比較して幅広く自動車向けサービス展開を実施

③ 売上高は順調に成長中であり、それに伴い利益も増加

↓↓↓Twitterのフォローお願いします↓↓↓

LMPオートモーティブ(LMP Automotive)の株価は底値から10倍に

今回はLMPオートモーティブという自動車向けのサブスクリプションなどを提供している企業について解説しようかと思います。日本でもトヨタが「KINTO」を展開するなど自動車もサブスクリプションになる時代も近いのかなと感じています。

出典:Google

この企業に注目したのは直近の株価の伸び方です。3月のパンデミックで自動車産業がダメージを受けたのはみなさんご存知かと思いますが、LMPオートモーティブも例外ではありません。一時は3ドル代をつけるなど思いっきりあおりを受けています。

しかし、現在その株価は40ドル直前まで上昇しており、なんと底値から10倍以上上昇しています。冷静に考えて、2020年2月の段階よりも売上高は成長していますし、50ドルに乗せるまではそこまで時間かからないんじゃないでしょうか?

LMPオートモーティブ(LMP Automotive)は自動車向けサービスを展開

幅広い自動車向けサービスを展開している

出典:LMPオートモーティブ公式HP

日本で自動車を購入するとなったら、まだまだ販売店まで足を運んで購入するというのが主流ですが、米国ではデジタル化が少しずつ進んでいるようです。

LMPオートモーティブは展開しているビジネスモデルを「Buy, Rent or Subscribe, Sell and Repeat」と称しており、新車および中古車の購入、レンタル、サブスクリプション、売却のサイクルをリピートすることで収益をあげることを提唱し、実践しています。

上の画像はHPの画像ですが、自分の興味のある車種を検索することができ、各サービスを受けることができます。もちろん画像などから車体の状況を確認することが可能です。

サブスクリプションサービスに関してはUberやLyftのドライバーへの需要があるのではないかとも見込んでいるようで、こうした企業の業績も影響するかもしれません。

自動車業界の現状

LMPオートモーティブはレンタル・サブスクリプション・中古車販売といった事業を展開していますが、いずれの市場も好調と言えます。リース車両は2014年の200万台から2018年には340万台まで増加(出典:オートアライアンス)していますし、中古車の販売台数も年々増加傾向にあります。サブスクリプションはまだまだ小さい市場ですが、他の業界の現状を考えると拡大するのは時間の問題でしょう。

特に米国の自動車小売業界は非常に細分化されており、チャンスがあります。現在、米国には約43,000の中古自動車販売店があり、業界トップの販売店でもそのシェアは約1.7%程度しかありません。中古車ディーラートップ100を合わせても市場の約7%にしかなりません(出典:Carvana 10-K, 2018)。

従来から存在するディーラーでは自動車を購入するのに約3時間も費やしており、自動車の選択肢も限られていることを考えると、デジタル化によって消費者に対してメリットを感じさせることができればLMPオートモーティブがシェアを拡大することは十分可能です。事実、自動車購入者の80%は機会があれば、自動車の購入全体をオンラインで完了することを望んでいるという調査結果も存在します。

競合相手も好調、競争の激化が予想される

出典:Company S-1 Filing

LMPオートモーティブの競合としてはfair、SHIFT、Carvanaなどが代表的ですが、展開しているサービスの幅が広いことや中古車市場が細分化していることなどから競争相手は非常に多いと言えますね。中でもCarvanaなどはその筆頭と言えるのではないでしょうか?売り上げの伸びも株価の伸びも大きいです。以前本ブログでも取り上げているので、そちらもどうぞ!

出典:LMPオートモーティブ投資家向け資料

これらの主要な企業との比較を示したのが上の図ですが、やはりLMPオートモーティブの持ち味は幅広いサービス提供にあることが分かりますね。たくさんの企業と競合してしまいますが、消費者としては全てのサービスを一貫して同じサイトやアプリで管理できるというのは必ず魅力になるはずです。サービス間での相乗効果に期待です。

売上高、利益も順調に上昇中

Yahoo Financeのデータを基に作成

そんなLMPオートモーティブですが、売上高、利益ともに順調に成長しています。年間を通じて黒字に転換する日も近そうです。

LMPオートモーティブ(LMP Automotive)の将来性は?

はい、いかがだったでしょうか?私個人としては今後の成長が期待できる銘柄なのではないかと感じました。直近ではAtlantic Central Storageの買収を発表しており株価が急上昇しています。

今後も買収を続けて事業の拡大が行われるでしょう。まだポートフォリオがハイテク銘柄だらけという方は自動車関連銘柄を購入するのはいかがでしょうか?投資される場合は自己責任でお願いします!

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました