ニオ(ティッカー:NIO)

米国株紹介
スポンサーリンク

ニオ(NIO)について解説します!

① 年初来で比較するとテスラを株価上昇率で圧倒

② ニオのEVは非常に高品質である

③ 売上高もパンデミックを乗り越え、順調に上昇中

↓↓↓Twitterのフォローお願いします↓↓↓

ニオ(NIO)の株価は年初来600%を超える成長を遂げた

ニオは「中国のテスラ」と言われている、2014年11月に設立されたスタートアップの電気自動車(EV)メーカーです。Tencent、Baidu、Lenovoなどの中国の名だたる有力な企業から出資を受けており、非常に期待されていることが覗えます。2018年9月に米ニューヨーク証券取引所に上場を果たしています。

出典:Google

EVといえば有名なのはテスラですが、ニオは年初来の株価パフォーマンスではテスラを圧倒しています。これは昨年末にニオが財政的に苦しい状況に陥り、株価を下げていたということも背景にありますが、それでも株価が7倍以上になる銘柄はなかなかお目にかかれるものではありません。

最近でも、JPモルガンが中国でのEV需要の増加を理由に目標株価を14ドルから40ドルに引き上げたこともあり、株価は急上昇しています。

ニオ(NIO)は高級路線のEVを提供しており、品質も高い

ニオとは?

ニオは「環境にやさしい未来」をビジョンにしていますが、それは社名にも表れており、ニオの中国名であるWeilaiは「Blue Sky Coming」を意味しています。

出典:NIOHP

もともとニオが売り出した最初のモデルはスポーツカーである「EP9」ですが、2017年12月に初の量産モデルである「ES8」を販売開始しました。上の画像が最新の「ES8」ですが、スマートでカッコいいデザインですよね!こうしたところも注目されている理由になります。

この他にもいち早く自動運転に着手したり、車載AIアシスタントである「NOMI」を導入するなど常に進化を続けています。

ニオのEVはテスラのEVより高品質?

中国の車と聞くと何だか安全性の面など心配になってしまう人も多いかと思いますが、実はニオの製造しているEVは高品質であると言われています。

出典:J.D. Power

上の図はJ.D. Powerが購入者が購入時点から2~6ヶ月の間に経験した不具合を集計したもの(100車両当たり)ですが、ニオの自動車は問題の発生数が上記ブランドの中で最も少なく、テスラよりも低い値になっています。これはあくまで1調査にすぎませんが、ニオの製造しているEVが高品質であることの1つの証拠となっています。

ニオはアフターサービスが手厚い

ニオが他の自動車メーカーと一線を画すのはアフターサービスの手厚さです。日本の自動車メーカーもアフターサービスを行なっていますが、修理可能部分が一部のものに限られたり、走行距離や使用年数の上限が決まっていることが多いのではないでしょうか。結局どこまでがアフターサービスとして認められるのかということについて悩んだ人も多いはずです。

出典:NIOHP

年間20万円程度を支払うと、点検・修理・メンテナンスサービスや、洗車サービス、空港での駐車サービス、運転代行サービス、など数多くの充実したアフターサービスを受けることができます。点検等で車を引き渡すことが必要な場合は、スタッフが自宅まで車を取りに来てくれ、終了したら家まで戻してくれます。これらの充実したアフターサービスは 「NIO Service」 と呼ばれています。

ニオ(NIO)の売上高は順調に上昇

Investigating.comのデータより作成

ニオの2020年第2四半期の売り上げは第1四半期の2倍以上の37.2億元であり、予想よりも2億2000万元多い結果となりました。パンデミックで落ち込んだ売り上げがしっかりと回復していることが分かりますね。

ニオは第3四半期の売上高予想を40.5億元~42.1億元としており、これはRefinitivアナリストのコンセンサス予想である35.5億元をはるかに上回っており、非常に期待が持てます。

ニオ(NIO)の将来性は?

2019年末には上場廃止、さらには倒産の危機まで囁かれていたニオですが、パンデミックの危機すらも乗り越えて大幅な成長を遂げており、その期待値は株価の上昇率からも伺い知ることができます。以前、ニコラの記事で取り上げたように、EV車へのシフトは必然の流れであり、ニオにとっては大きな追い風です。

私も夢の10バガーはこの銘柄で達成できると信じています。非常に有望な銘柄だと思います。もし投資される際は自己責任でお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました