米国株紹介

アミリス(ティッカー:AMRS)

今回ですが、みんな大好きアミリスについて解説したいと思います。前々から気になってはいたのですが、話題になってから時間が経っていたので、記事にする必要ないかなと思っていました(笑)
米国株紹介

スーパーリーグゲーミング(ティッカー:SLGG)

今回はスーパーリーグを取り上げます。またまたゲーム関連銘柄ですがお許しください(笑) さて、スーパーリーグですが、アマチュアゲーマー向けにeスポーツリーグを提供している企業になります。プロゲーマーではなくアマチュアゲーマーを中心に考えているのはなかなかユニークだなと感じました。
米国株紹介

ルビウスセラピューティクス(ティッカー:RUBY)

久しぶりにバイオ関連の株を紹介したいと思います。今回紹介するのはルビウスセラピューティクスです。あまり聞き馴染みのない企業ではありますが、開発している治療法のコンセプトはなかなか面白いなと感じる部分もあったので取り上げることとしました。
米国株紹介

チェックキャップ(ティッカー:CHEK)

最近のチェックキャップの株価ですが、2倍以上に急騰しています。この理由として挙げられているのがまたしてもFDA承認です。前回紹介したセカンドサイトもそうですが、FDA承認がいかに株価の上昇に寄与するのかよくわかります。
米国株紹介

セカンド・サイト・メディカル・プロダクト(ティッカー:EYES)

みなさんはテンバガー銘柄を持っていたことはありますでしょうか?テンバガーは通常であれば数年〜数十年かけて達成されることが多いと思いますが、今回紹介するセカンドサイトはなんと数日でテンバガーしてしまいました。
検証

「IPO時の時価総額1Bドル以上の銘柄をとりあえず買っておけば勝てる説」を過去10年間で検証してみた

さて、どのような説を検証したいかというと、タイトルにある通り「IPOの時価総額1Bドル以上の銘柄をとりあえず買っておけば勝てる説」です。なぜこのようなことを考えたかといえば、最近のIPO銘柄を調べていて、1Bドル以上の銘柄はすでに有名な企業も多く、株価が上昇している企業も多いと感じたからです。しかし、これは感覚の域を出ず、実際に調べたらどうなるのか気になってしまいました。
米国株紹介

スマイルダイレクトクラブ(ティッカー:SDC)

今回は歯列矯正サービスを提供しているスマイルダイレクトクラブについて解説したいと思います。今回も知らない企業でしたが、株価が10ドル台となかなかお求めやすいなと思い、気になりました。
米国株紹介

サンカントリー航空(ティッカー:SNCY)

サンカントリー航空の特徴は旅客向け以外にも貨物向けの運搬を行っているという点にあります。さらにこの運搬サービスの提供は、6年間にわたるアマゾンとの運搬サービスの契約が背景にはあります。この契約は「ATSA」と呼ばれており、アマゾンが航空機・燃料を含む運営費・荷降ろしサービスを提供、一方でサンカントリー航空は乗務員や航空機のメンテンナスなどを提供します。
米国株紹介

ロブロックス(ティッカー:RBLX)

ロブロックスでは毎日3,620万人という膨大な数のプレイヤーがコンテンツで遊び、さらには約700万人にもおよぶアクティブな開発者がプラットフォームにいるということですので、驚きしかありません。
米国株紹介

プレイティカ(ティッカー:PLTK)

こうしてプレイティカが収益の高いゲームを量産できる背景には、「ユーザーが何十年も対話できるプラットフォームとしてゲームを運用する」という哲学が大きく影響していると考えられます。ユーザーが飽きたら衰退していくという通常のゲームを開発する気はないということですね。これを裏付けるように、2020年9月30日までの12か月間の収益の約半分が2016年以前にプレイティカのゲームをダウンロードまたは最初にプレイしたユーザーからのものであり、ユーザーの定着率の高さが伺えます。
タイトルとURLをコピーしました