スーパーリーグゲーミング(ティッカー:SLGG)

米国株紹介
スポンサーリンク

スーパーリーグ(Super League)について解説します!

① 株価は低迷していたが、最近は上昇トレンドに入ってきた

② アマチュアゲーマーに焦点を当てたプラットフォームを提供している

③ 財務状況はボロボロだが、eスポーツの市場の成長で改善する可能性はある

↓↓↓ Twitterのフォローもお願いします ↓↓↓

本記事の内容にはタルボットの主観が多数含まれており、内容の正確性は保証できません。ご自身でも調べられることをオススメします。

スーパーリーグ(Super League)の株価は低迷していたが、上昇トレンドに入った

みなさんどうも、タルボットです。
今回はスーパーリーグを取り上げます。またまたゲーム関連銘柄ですがお許しください(笑)
さて、スーパーリーグですが、アマチュアゲーマー向けにeスポーツリーグを提供している企業になります。プロゲーマーではなくアマチュアゲーマーを中心に考えているのはなかなかユニークだなと感じました。

出典:Goole

そんなスーパーリーグですが、なかなか業績がふるっていないこともあって株価も低迷していました。ただ、売上自体は伸びてはいるので、最近は上昇トレンドに入ってきました。まだ赤字ではありますが。

スーパーリーグ(Super League)のビジネスの特徴

ターゲットはアマチュアゲーマー

出典:スーパーリーグ投資家向け資料

冒頭でも紹介したとおり、スーパーリーグのターゲットはアマチュアゲーマーです。アマチュアゲーマーに配信機能やSNS機能を搭載したプラットフォームを提供することで、月額5ドルを受け取るというサブスクリプションサービスを展開しています。NewZooによると世界には3B人のゲーマーがいるということですので、そのうち10%がアマチュアeスポーツに参加しているとすると、スーパーリーグがアプローチできる市場は15Bドルに達するという計算のようです。

出典:スーパーリーグ投資家向け資料

ただ、最近の収益の柱はスポンサーからの広告料となっているようですので、今後はこちらに力をいれていくのかもしれません。

eスポーツ市場

出典:SEC S-1 Filing

eスポーツという用語自体は最近では知らない人は少なくなってきており、かなりメジャーなスポーツとなりつつあります。特に米国では月間のオーディエンスの数がMLBやNFLを上回っているという報告もあり、勢いの凄さを感じることができます。

出典:SEC S-1 Filing

現状、eスポーツを観戦している人は若い世代が多いですが、今後これが右側にシフトしていくので、市場が拡大していくというのは当然の流れと言えます。

出典:SEC S-1 Filing

eスポーツから得られる収益も2022年まで年平均35%で成長していくとされていますので、スーパーリーグもこの恩恵を受けられる可能性は高いです。

ゲームタイトルも有名なものと提携している

出典:スーパーリーグ投資家向け資料

ゲームタイトルも、PUBG、マインクラフト、クラッシュロワイヤル、フォートナイトなど日本でも有名なものが多く、提供するコンテンツとしては問題ないように思えます。

スーパーリーグ(Super League)の財務状況

出典:Yahoo Finance

まだまだ赤字を垂れ流している状態ですので、売上がきちんと伸びていくかは都度都度確認する必要がるかと思います。

スーパーリーグ(Super League)の将来性

はい、いかがだったでしょうか?まだまだ財務的にはかなり厳しい状況ではありますが、今後のeスポーツ分野の発展次第では改善も見込めると感じました。

ではでは、また次回の記事で♪

この記事が気に入ったらフォローしよう!
最新情報をお届けします。
米国株紹介
スポンサーリンク
タルボットをフォローする
米国株投資情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました