テラドック(ティッカー:TDOC)

米国株紹介
スポンサーリンク

テラドック(Teladoc)について解説します!

テラドック(Teladoc)とはどんな会社なのか?

みなさんはテラドック(Teladoc)という会社をご存知でしょうか?同社はアメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を構える遠隔医療プラットフォームを提供している企業です。インターネットやビデオ、携帯電話を利用することでオンデマンドによる医療を提供する企業になります。同社のサービスを登録しているユーザーは上気道感染症、尿路感染症や副鼻腔炎など急性疾患の診断や、皮膚の状態、不安感、禁煙などについて、1100以上の認定医や医療専門家に毎日24時間アクセスすることができます。

新型コロナウイルス(COVID-19)による追い風

パンデミックによって遠隔医療の需要が増加したことは想像に難くないでしょう。テラドック(Teladoc)には既存および新規ユーザーからの問い合わせが急増しており、新しいサービスを生み出していくことが同社には求められています。

同社のサービス利用者の満足度は非常に高く、これは定着率に直結するため、今後の収益に大きな影響を与えます。また、新規ユーザーの数も前年比で125%と急増しているため、パンデミックによって追い風を受けているのは間違いありません。

パンデミックは不安や孤独感、それに伴う抑うつといったものを増幅させました。同社はメンタルヘルス製品である「BetterHelp」を提供しており、その利用率も増加しています。またメンタルヘルスの分野は繰り返し利用される確率が高いため、同社にとっては年間を通じた貴重な収入源となっています。

テラドック(Teladoc)の今後は?

今後も遠隔医療の需要はどんどん増加していくでしょうね。その期待もあってか株価も順調に伸びています。ただ、遠隔医療が成立するためには自宅で検査・治療できるような機器の成長もセットで行われなければ事業の拡大は難しくなってくるでしょう。株価の上がりすぎには注意ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました