TPGパートナーズ(ティッカー:TPG)

米国株紹介
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

TPGパートナーズ(TPG Partners)について解説します!

*本記事の内容の正確性は保証できません。また投資される際には自己責任でお願いします。

TPGパートナーズ(TPG Partners)は2022年1月にナスダック上場

TPGパートナーズ(TPG Partners)は2022年1月にナスダック上場を果たしています。

出典:Google

TPGパートナーズ(TPG Partners)のビジネス

ビジネスの概要

2021年9月30日現在、約1,090億ドルの運用資産を有する世界有数のオルタナティブ資産運用会社です。TPGは魅力的なリスク調整後リターンを提供し、オルタナティブ資産運用業界と世界経済の双方において最も急成長している分野に焦点を当てた投資事業を行ってきました。TPGは、他のオルタナティブ資産運用会社とは一線を画すビジネス・アプローチと、多様で革新的な投資プラットフォームを有しており、事業全体において持続的な成長を続けることができる可能性があります。

過去のデータを見ると、力強い成長が確認できます。TPGの運用資産は2016年から81%増加し、2021年9月30日現在で1,091億ドルとなっています。2018年12月31日に終了した年度から2021年9月30日に終了した直近の12カ月間、TPGの総収入は288%増の54億ドル、非GAAP指標である手数料関連収入は55%増の8億2,700万ドルに達しました。同期間において、TPGの純利益は599%増の50億ドルとなりました。

LOGO
出典:SEC S-1 Filing
注)過去の実績は将来の業績を示唆するものではありません。特に断りのない限り、2021年9月30日時点の数値です。
 
(1)
レガシーファンドと非継続ファンドを除く。全トラックレコードの開示については、「経営陣による業績の説明と分析-運用指標-ファンドの運用指標」を参照してください。
(2)
「過去10年間」とは、2011年初頭以降に調達したすべての資金を指します。
(3)
レガシーファンドと廃止ファンドを除く、プラットフォーム別の過去12ヶ月のバリュークリエーション(LTM Value Creation)を反映しています。LTM Value Creationは、過去12ヶ月間のプラットフォームの価値変化を、(i)測定期間開始時の未実現価値(ここに定義)と(ii)測定期間中に行われたフォローオン投資の投資資本(ここに定義)の合計で割って測定します。

1992年に設立され、サンフランシスコ湾岸を中心に最初の投資事業を展開したTPGは、イノベーションを重視するという原則のもと進化してきました。TPGの設立当初からの実績は、新しいプラットフォームや商品を有機的に立ち上げ、拡大させてきた歴史を反映しています。多様な投資戦略を持ち、テクノロジー、ヘルスケア、インパクトなどの高成長分野を戦略的に指向するTPGは、オルタナティブ資産運用の将来に向けて万全の態勢を整えています。

LOGO
出典:SEC S-1 Filing

TPGは、平均12年以上のTPG在籍期間を含め、平均26年のプロフェッショナルな経験を持つ世界クラスの経営陣とビジネスリーダーからなるチームに率いられており、彼らは優秀なプロフェッショナルたちによって深くサポートされています。2021年9月30日現在、320名以上の投資・運用のプロフェッショナルを含む912名の従業員を擁するTPGは、8カ国12拠点を通じて事業を展開しており、取引の調達、資金調達、投資価値の向上に向けた充実したグローバルフットプリントとネットワークを持っています。プラットフォームに基づく投資・運用のプロフェッショナルは、産業分野別チームを編成し、プラットフォーム間で投資テーマを共有することで、会社全体のパターン認識を促進しています。数十年にわたる経験により、TPGはプラットフォームと商品を通じて、洞察力、関与、協力のエコシステムを開発しました。現在、30カ国以上に本社を置き、50万人以上を雇用する280以上のアクティブなポートフォリオ企業を擁しています。

TPGは、グローバルで多様なオルタナティブ資産運用会社であり、5つのマルチプロダクト投資プラットフォーム(TPGでは「プラットフォーム」と呼んでいます)で構成されています。TPGのプラットフォームは ①キャピタル、②グロース、③インパクト、④リアルエステート、⑤マーケット・ソリューションです。

LOGO
出典:SEC S-1 Filing

オルタナティブ資産運用会社として、TPGは主にプライベート・エクイティ、不動産、公開市場戦略などの非伝統的で複雑な資産クラスに投資しており、株式、債券、商品などの伝統的資産クラスのみに投資する他の資産運用会社とは一線を画しています。TPGは、オルタナティブ資産運用業界の中でも魅力的なサブセグメントにおいて、質の高い運用資産基盤を構築しています。

資産基盤の質およびリターンの強さにより、TPGは手数料収入である運用資産および運用報酬を増加させることができました。TPGのプラットフォームが成長し、成熟していくにつれて、TPGの収益は大幅なマージンアップの恩恵を受けることになります。

市場機会

オルタナティブ資産運用は、依然として広く魅力的な成長産業であり、この市場の特定のトレンドやセクターは特に有利で、運用会社は市場での差別化されたポジショニングを確立することが可能である。

LOGO
出典:SEC S-1 Filing

TPGパートナーズ(TPG Partners)の財務状況

(編集中)

TPGパートナーズ(TPG Partners)に投資するリスク

  • シニア・リーダーシップ、主要な投資家およびその他の専門家への依存度。
  • 投資家やその他の主要な専門家を惹きつけ、維持し、動機づける能力。
  • 当社のファンドのパフォーマンス。
  • 新規資金やファンドのための資金を調達し、有利な経済条件を得ることができること。
  • 当社の株式公開の決定を踏まえ、ファンド投資家が当社ファンドに新たな資金を提供する意欲があるかどうか。
  • 新たな投資戦略の実行、または新たな市場や事業への拡大。
  • ESGに関するファンド投資家や規制当局からの監視の強化。
  • 収益、利益およびキャッシュ・フローの一部が変動すること。
  • ファンドの過去のリターンは、A種普通株式への投資によるリターンを示すものではありません。
  • ファンドの投資先企業の業績。
  • 米国以外の国に拠点を置く企業への投資。
  • 中国の政府政策の変更および当社が投資している産業に対する中国政府による介入。
  • 情報および技術ネットワークのセキュリティを維持する能力。
  • COVID-19の大流行とそれに伴う影響。
  • ファンドの投資活動に関する利益相反、パートナー、取締役およびシニアアドバイザーとの利益相反、ならびに当社の組織再編および公募後の報酬・インセンティブモデルにより当社の一般株主と経営陣およびその他特定の関連会社との間に生じる可能性のある利益相反を含む利益相反を管理する当社の能力。
  • 従業員、アドバイザー、第三者サービスプロバイダー、またはファンドの投資先企業の潜在的な不正行為、詐欺、またはその他の欺瞞的行為。
  • 係争中および将来の訴訟、関連する負債、風評被害。
  • ファンドの運営契約に基づき、クローバックまたは偶発的な返済義務が発生した場合。
  • ナスダック上場基準における「被支配企業」として、特定のガバナンス要件の免除を受けること。
  • 持株会社であり、TPG オペレーティング・グループに対する持分のみが重要な資産であること。
  • 投資会社法の下で「投資会社」とみなされる可能性があること。
  • 普通株式の種類によって、議決権に格差があること。
  • 配当金を支払う能力。
  • 将来の売却や交換が可能な大量の株式が当社の株価に与える影響。
  • 納税者契約(本契約に定義される)に基づく支払いの加速。
  • 負債調達市場の変化または金利の上昇。
  • 投資運用ビジネスにおける激しい競争。
  • 気候変動および関連する規制。
  • 困難な経済および市場の状況。
  • 事業に対する広範な規制、および当社の業界に対する規制の強化(業績配分の税務処理を修正する、または当社のビジネスモデルに悪影響を及ぼす可能性のある法改正案を含む)。
  • 米国の政治および金融規制環境の変化、および
  • 米国連邦税法の複雑な規定を含む当社の構造。

TPGパートナーズ(TPG Partners)の将来性

(編集中)

出典

この記事が気に入ったらフォローしよう!
最新情報をお届けします。
米国株紹介
スポンサーリンク
タルボットをフォローする
米国株投資情報局

コメント

タイトルとURLをコピーしました